ウォーターサーバー比較で分かるトータルのランニングコスト

水の値段を12リットルのボトルで考えたときには、比較的安いお水は1本1,000円程度です。しかし、高い水の場合、2,000円近くのものもあります。ウォーターサーバーを水で比較した場合、高い安いは歴然です。しかし、ウォーターサーバーの水の値段が安い場合には、例えばレンタル料が毎月有料となっていたりするケースが多くあり、それを注意して比較していかなければなりません。配送料を無料にするためには複数本の購入からになっている場合もあります。ウォーターサーバーのメンテナンス料が有料になっていたり、解約金が発生したりと、別のところで、料金を別途請求しているというパターンが非常に多くあります。

ウォーターサーバーを比較して、水の値段が高いときには、1本2,000円程度支払いすることになったとしても、レンタル料やメンテナンス料が無料となり、水の料金の高さを補填していてくれたりします。配送に関しても1本から無料というケースが多いようです。水以外にかかる料金分が無料であるから、水に値段が上乗せされているというケースもあります。

そのようなことを考えると、あまり水の値段を比較しても意味がないような気持ちにもなってきます。ウォーターサーバーを導入するとき、大事なのは、トータルのランニングコストをしっかり把握することです。